MISFIT LIFE

LIFESTYLE

わかるさんの「スマホを捨てず、街で感動」日記

人気イラストレーター、わかるさんの不定期連載がスタート。普段は、スマホLoverで引きこもりがちだという彼女が、たまには重い腰をあげて街に出てみたら、味わえた感動の記録です。

第一回めは、なんと、長らく大好きだったというあのトップアーティストのLIVE!

誰もが一歩、踏み出せば、最高の感動を得られる場所......「それがLIVE!」なのかもしれません。

こんにちは。わかるです。

MISFIT LINEでかかせてもらうのは2回目です。

前回は人生初の5日間の断食体験をさせてもらいました。

わたしはまた、毎日かなり地味でだらだらとした生活を送っています。

ひとりで、寝て、起きて、仕事して、ご飯食べて、寝る!だけをこなして、一回も家から外に出ない日もざらにあり、ここ5日間で会った人は配達にきてくれたヤマト運輸のお姉さんだけ(約5秒ほどの会話)ということもよくあります。

なんか悲しい! 毎日とくになにもなく時が過ぎていくだけ! あの断食の終了後のような、なにか感動が欲しい!なにか!感動が!
と、そんな話を芳麗さんに話したところ、少しだけかわいそうなものを見る目で「月イチくらいは感動を探しに行こうよ....!」と言われました。

そしてこの連載初回! 最近もっとも感動したことといえばこれしかありません。

夏の終わりのある日のことです。

「今度、aikoさんのliveに行くんだけど、わかるさんもaiko大好きだったよね! 普通にプライベートだけど、一緒にいく?」と芳麗さんに連絡をもらいました。やさしい。

そして、

イチローさんの最近のお仕事は、SEKAI NO OWARIのSaoriさんの小説「ふたご」。芳麗さんは、普段、文筆家、インタビュアーとして活躍中。2人とも、長らく強火なaikoジャンキー!!!(aiko中毒症に陥ったファンのこと)

aikoさんのライブに行ったので、その日のことを絵日記的な感じでかかせてもらいます。

はじめに感想を少しだけ言います。

「めちゃくちゃ、楽しかったです。めちゃくちゃ、楽しかったです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

aikoさんをご存知でない方、いらっしゃらないと思うのですが、、、

aikoさんとは、
超有名超人気のシンガーソングライターです。「カブトムシ」、「恋をしたのは」、「もっと」、「えりあし」、「ボーイフレンド」、「花火」、「milk」、「アンドロメダ」、「あたしの向こう」、「kisshug」・・・・などなどなど超超いい曲ばかり作って歌ってしまう方です。

思い返せば、わたしの人生のどんなタイミングでもaikoに関する記憶と思い出があり、そんなひとがこの世にはたくさんそんなひとがいる気がします。

わたしが小学生のときに、初めてaikoの「カブトムシ」を聴いて、一瞬で好きになりました。中学生の時は「キラキラ」が大ヒット、通学中に毎日聴いていました。その後もずっと新曲がでるたびいつも聴いています。

中でも、「キラキラ」は今も変わらず特別にだいすきで、カラオケに行った際はかならず歌っています。単身赴任中の旦那も「キラキラ」が一番すきだそうです。

ですが、お恥ずかしながらライブにいったことはなく、今回が初めての参戦です!

はじまりました。

aikoさんの登場。

生aiko.....か....かわいい....すごい.....あれが....かの有名なaikoか....すごいな.....aikoすごいな....

本物の人間だ...生身の...と、あまりのaikoのaikoさに、脳内語彙力がゼロになりました。

身長は小さいはずなのに、ステージ上での存在感がすごく、なぜか大きく見える....
視力がめちゃめちゃ悪い私にも不思議ととても大きくはっきりみえました!これがトップ芸能人のオーラ?

この日は赤い衣装だったのですが、それがとても似合っていて素敵で尋常じゃない可愛さでした!

赤い衣装から伸びる腕が遠目からでもわかるくらい細くてきれいでした。

それから、当たり前なんですが歌がめちゃくちゃうまい...ずっとブレない。

aikoって芸能人にしては、だけどどちらかというと素朴な女子っていうイメージを抱いていたのですが、全くそんなことはなくて、どこからどう見ても選ばれしスター...!

・・・動く姿、笑顔、全部がものすごくかわいい!!!!

なんなの....何食べたらそんなふうになれるの...いや、ぜったい食べ物くらいじゃこんなにかわいくはなれない...ってかんじでした。

わたしは2階席から見ていたのですが、1階席はaikoと距離がかなり近く、MC中にお客さんがステージのaikoに好き勝手話しかけていて、それをaikoがひろって返事していたのがとても印象的でした。

いろんなことに感動しているうちに、全25曲が夢みたいにあっという間に終わってしまいました。

何度もアンコールに答えてくれて、3時間にも及ぶライブだったのですが、エネルギッシュでかわいすぎるaikoを見ている時間は本当にあっという間で最初から最後までたのしかったです。

とにかく、すべてが最高としか言いようがない。

ライブ会場にいるこんなにたくさんの人を全員心の底から楽しませてくれるaikoをみて、(もっと自分も頑張ろう!一生懸命生きよう!頑張れる気がする!やってやるぞ!)という気持ちになりました。

デビューしてから19年の今まで、生でライブを見てなかったことを後悔したし、また絶対きたいなと決意しました。

aikoのことずっと好きなのに、わたしみたいに出不精なばかりにライブは行ったことないって人がこの日本にはまだまだいそうなので、そんな人には是非一度行ってみてほしいです。初めてでも1人でも大丈夫! めちゃめちゃ楽しいです。

はぁ、いい1日だった....

さて、普段はほぼ毎日、昼頃に起きる私も、この夜は最高なステージとaikoの純粋なエネルギーに励まされ、「よーしやってやるぞ! 自分も頑張るぞ! 明日からは早く起きて、ランニングとかするぞ!」と意気込み6時にアラームをかけて就寝。

結果的に、おかげさまでめちゃめちゃいい夢がみれたので、早起きもランニングもしなかったのですが、その日はニコニコしながらいつもの1.2倍くらいは頑張れました。

これが、ライブパワー! よかった。

ちなみに、ライブ後にツイッターでaikoのライブの感想をツイートをしたところ、aiko officialからイイね! をもらって、めちゃくちゃうれしかったです。

友人にめちゃくちゃ自慢して、優越感に浸りました。

aikoさん、ありがとうございました。

だらだらした生活にさようなら?

楽しいイベントでやる気がみなぎったら、その勢いをキープしてRAYと一緒にウォーキングはいかが?防寒対策をした手元にも、コンパクトでスリムなRAYは邪魔になりません。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

わかるさんの「スマホを捨てず、街で感動」日記

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

SHARE