MISFIT LIFE

INTERVIEW

”普通の男女”も”普通の結婚”も幻想。それより、人生はコスプレ気分で楽しんで!

もっとも多い悩みは、「パートナーがいないこと」と「パートナーと上手くいかないこと」。

芳麗前回は、奈々さんの結婚エピソードとライフスタイルについて伺いました。「良質な衣・食・住と愛が大切」という言葉が印象的でした。

吉井はい。愛は特に大切ですね。私にとっては、家族愛とかパートナーとの愛とか身近で日常的な必要不可欠です。

芳麗ただ、独り身の多くはパートナーが欲しいし、婚活している人もけっこういますけど、なかなかうまくいかないですよね。かといって、結婚を叶えて夫婦になったとしても、その夫婦関係に悩んでいる人もまた多いなと。

吉井そうですよね。私がコミュニケーション講師やカウンセリングを始めた頃から、もっとも多く聞いたのが「良いパートナーが見つからない」という悩みと、「パートナーと良き関係が作れない」という悩みでした。

結婚は、会社経営と似ていると考えるとうまくいく。

芳麗それは、私もよく聞きます。つまり、独身者も既婚者も、結婚やパートナーについて悩んでいる。これは、どうすればいいんですかね?

吉井まず、結婚については、会社経営と似ていると考えたほうが良いんじゃないかな? そもそも、結婚って、とても社会的じゃないですか。

芳麗はい。

吉井私は、結婚に夢を見ていたわけじゃないけど、戸籍を変えて彼にプロポーズされた時、やっぱり絶対結婚したいと思った。社会的に日陰だったからこそ、みんなに認められ祝福されたかったの。それから、私が形にこだわったのは、かつての夢がお店を経営することだったから。家庭にせよ、お店にせよ、形を欲して作るのならば、その形は、壊さずに整えて育てるべきだと思うんです。昔、先輩にも言われたの。「お店をオープンするのは誰でもできる。続けられるか問題だ」と。結婚も同じですよね。結婚はするだけなら誰でもできるけど、長く続けて育てられるかが大切。

芳麗たしかに。

吉井でもね、実は離婚したいのにダラダラ結婚しているのは意味がないから。大切なのは、いかに無理せず、2人で協力して、長く楽しく家庭を運営していけるかですよね。夫婦の関係を楽しみながら、ワクワクしたまま毎日を過ごしてたら、あっという間におじいちゃんとおばあちゃんになっちゃったっていうのが家庭運営の最終目標だと思う。

芳麗そうですね。

吉井会社経営と似ていると考えると、シンプルですよね。私は家事の全てを請け負って、彼を最優先した生活をしているっていうと、「尽くす妻ですね」ってよく言われるけど、私は尽くしている気持ちはこれっぽっちもないかも。自分の会社を切り盛りしていくのは、自分のためでもあるからね(笑)。

芳麗なるほど(笑)。

"普通"という価値観のぶつけ合いが、恋愛も夫婦関係も壊す。

吉井それから、これは、婚活中の人にも夫婦関係に悩んでいる人にも言える事ですけど、「普通を求めない事」ですよね。

芳麗普通を求めないとは?

吉井いろんな人の話を聞いていて気づいたんだけど、人と人が上手くいかなくなるのって、お互いがお互いの普通をぶつけ合っているからだなと。「恋人だったらこれくらいやってくれるのが普通でしょう」とか、「飲み終わったらグラスはキッチンまで持ってきてくれるのが普通だよね」「誕生日は普通お祝いしてくれる」とか。

芳麗あぁ、ありますね。

吉井「男性なら荷物を持ってくれるはずだ」とか「女性は料理ができて当然」みたいなのもそう。それは、自分にとって普通なだけです。たとえば、自分の両親を見て、それが普通だと思い込んでいることって多いですよね。「これくらい稼いでくれて、こういう家に住めて当たり前」とかね。でも、実際は"普通"なんて人それぞれ違うから、お互いの普通をぶつけ合っていたら関係は育たない。私は、普通という価値観が人間関係をいちばん悪くすると思う。

芳麗"普通"にとらわれていると、他人のみならず自分のことも許容できなくなって苦しくなることもありますよね。

吉井そうなんです! 「結婚したら普通は子供を生むでしょう」とか「子供がいたら普通はこうするでしょう」とかも、人を苦しめる普通ですよね。

芳麗はい。

人とは違う「変態性」で繋がっているカップルの絆は強い。

吉井ちょっと極端な言い方だけど、結婚相手に普通を求めるなら、誰でもいいことになっちゃいますよね。「私」と「あなた」だから夫婦になったんですよね。普通をくれる人なら誰でもいいわけじゃなくて、普通じゃないトキメキなり絆を感じたから、結婚したわけじゃないですか。だったら、普通なんて求めずに、2人だけの世界を新しく作っていったらいいと思う。

芳麗本当ですね。

吉井相手に「普通にいい男」、「普通にいい女」みたいなものを求めて結婚した夫婦は、もろい。離婚しない夫婦って、実は普通じゃないところで繋がっている、2人だけのルールや世界を持っている夫婦だと思います。

芳麗ある意味、変態な部分で繋がっているような?(笑)

吉井はっきり言えば、そう(笑)。二人だけの秘密や趣味を共有できている夫婦は、かなり仲良いですし、離れがたいですよね。

芳麗一見、普通に見える人にも、どこかしら変態性や秘密ってありますよね。

吉井あると思いますね。うちの場合は、2人ともアニメや漫画がものすごく好きなオタク気質なところ。夕飯の後、眠るまでは自分の好きな本や漫画に触れて1日を終えたいから、眠る前の1時間はおしゃべりしないのが夫婦のルールだったりします。ただ、同じマンガオタクでも好きな作品は全然違うの。だから、お互い大切にしてるルールで「相手の趣味は否定しない」というのもあります。

芳麗独特だけど、楽しそう。

吉井心地よいし楽しいですよ。もう1つ共通しているのは、家の中ではオタク全開の夫婦として2人でリラックスしているけど、一歩、外に出たら古風な夫婦として振舞いたいと思っているところ。外出時の主人は服装もビシッと決めて古風な男らしくリードしてくれるし、私も服装もメイクも気合を入れて思い切り、彼を盛りたてる良妻に徹します。もちろん見た目だけでなく言動も使い分けます。そういうウチとソト、社会と家庭の使い分けができるところ、そうしたいところがお互いの好きなところだし、気の合うところ。

芳麗いいですね。

仕事も結婚も、憧れの姿をコスプレすればもっと楽しめる!

吉井家でも外でも、私は良き妻であろうというよりは、良き妻を演じきるのを楽しんでいるんですよね。人生はコスプレだって思っていますから(笑)。

芳麗人生はコスプレ!(笑)

吉井ありのままの女性になるというより、女性を演じるのを楽しんでいるのと一緒です。ここぞというときにはお着物を着てご婦人風に振る舞うのも、エプロンつけて美味しい料理を作るのも、素敵な人妻を演じるのを楽しんでいるから(笑)。仕事だってそう。コミュニケーション講師としての自分をコスプレするように演出して楽しんでいる。どれも私は私だし、本当の自分なんですけどね。見た目も心も、理想の自分にコスプレ気分で理想の自分に挑んでみると、大変なこともユーモアを持って立ち向かえる。人生のいろんな局面や役割が楽しめる。コスプレする生き方は、みなさんもオススメです(笑)。

芳麗はい(笑)。仕事もプライベートも何気ない日常も、奈々さんのように、ステージに上がるような気概で楽しめたら素敵だなって思います。

良質な時間を過ごすために

愛がないと、心も体も整わない。体が整わないと心にゆとりが生まれない。ゆとりがないと愛が育たない。すべてはバランスが大事。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

”普通の男女”も”普通の結婚”も幻想。それより、人生はコスプレ気分で楽しんで!

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

PHOTOGRAPHS by 田上浩一

SHARE