MISFIT LIFE

HEALTH

波動高い系美女のアーユルヴェーダセミナーへ

アーユルヴェーダ的、体型管理は「体重計」より「大江戸線の階段」

ヨガに励む人をヨギと言いますが、ヨヨギとヨギをかけているのか、メジャーなヨガスクールがこの地にあります。アンダーザライトヨガスクール & ヨヨギラウンジ。こちらで開催されたHIKARUさんのアーユルヴェーダのセミナーに伺いました。世界で活躍するモデルだったHIKARUさんは、ヨガと出会い、修行を積まれ、2002年からヨガを教えはじめました。最近、女優やモデルでヨガに転向する方が多いですが、誰よりも早くその道を開拓されているのがHIKARUさんです。2009年から本格的にアーユルヴェーダの知識も習得。そしてこちらのアンダーザライトヨガスクールなどでセミナーをされています。

こちらがHIKARU先生。トップモデルから、いち早くヨギーに。お会いするだけで浄化されそうな波動の高い美女です。

日曜の午前中、意識の高そうな女性が続々と集まってくるヨヨギラウンジ。その辺の椅子に座ったら「アーユルチェアー」という自然と骨盤が立ち姿勢が良くなる椅子でした。脚を開き気味で座るので、先生の話を全身で受け入れ態勢に。

今回のテーマは「そろそろ始めたいよね"ダイエット"」。すっとした美女、HIKARU先生は「今日は全員女性のガールズクラス? じゃあ無礼講な感じで」と、フレンドリーにおっしゃいました。まずはアーユルヴェーダの基礎知識から。

「およそ3000年前にインドで書かれたアーユルヴェーダの古典書で、生命には三つの柱があります。それは『食事』『睡眠』『性行為』です」

えっ? 性行為......?と一瞬動揺しましたが、生命を次につなげる、子孫繁栄のための「性行為」だそうで、想像よりもストイックでした。

「中でも『食事』『睡眠』は誰にとっても重要です」

先生は、食事の話の前に、参加者に「毎日体重計に乗っている人? 」と質問を投げかけ、数人が挙手。

「現代人は数字のエビデンスに踊らされていて、体重計にコントロールされすぎです」

HIKARU先生は体重計よりも、自分の体感に頼っているそうです。体重計に乗らないのは私も同じなので、親近感を覚えたのですが、HIKARU先生は驚きの体調管理法を紹介。

「大江戸線で通っているのですが、階段を登っている時の体感が重いと感じたら、アーサナ(ヨガの運動)を強めにやろうかな、と思ったりします」

ここで霊格の高いワードがいくつも入ってきました。まず、大江戸線の深い地下駅から出口まで階段を使う、ということ。そして体が重かったらヨガで体を動かすという自然な思考回路。エスカレーター一択だった自分を反省しました。

「どうですか? 今日の一発目の太陽礼拝は?」と、笑顔で参加者に振るHIKARU先生。やはりここに来られる方は毎朝太陽礼拝3セットくらいこなされているのでしょうか......。運動不足は体重増加だけでなく無関心や無気力の原因になってしまうそうなので、適度なアーサナがおすすめとのこと。

ちなみにHIKARU先生はモデル時代より10キロ増えましたが、偏頭痛などがなくなり、今の方が全然元気だそうです。アーユルヴェーダを意識することで、バランスの取れた最適体重になれます。

本物の空腹感は謙虚なもの。チョコより塩むすびで満たされる!

そして、食べる量はやはり八分目がいいとのこと。目安として、一食は両手を広げて載るくらいの分量が良いそうです。(盛っても可なので結構載りそうです)

「食べすぎだと未消化が起きて、だるくなって仕事のやる気がなくなってしまいます」

私は仕事中、やる気がなくなってきたら、チョコやクッキーを食べてちょっとエネルギーを補給しているのですが、HIKARU先生によれば、このようにダラダラ食べるのは消化機能に負担をかけるそうです。

「人は淋しくてヒマな時に、すぐ手に届くものを口に入れてしまいがちです。でも、そうやってちょこちょこ食べていると、消化器が休む時間がなくなってしまう。食べる時間、消化する時間、休んでいる時間、このワルツがうまくできたら健康になれます。めりはりのあるリズムを作ってみてください」

空腹感は、排泄と同じく生理的衝動だとのこと。

「空腹感はとても謙虚なもの。本当にお腹が空いていたら、塩のおむすびでも満たされるんです」

そう聞くと、私が翻弄されているのは、ストレスや孤独感などからくる、にせの空腹感かもしれません。おにぎりでは満たされず、スイーツを求めてしまいます。

HIKARU先生が小腹がすいたときにおすすめなのは、「お白湯を飲む」こと。また出ました、霊格の高い波動ワード。「お白湯」。紅茶やコーヒーはまだ嗜好品です。私などハーブティで満足していましたが、それよりもさらに波動が高い飲み物は、「お白湯」。お白湯をポットに入れて持ち歩いている人こそ真のヨギです。

しかしアルフォート中毒気味の私にとっては、アルフォートの穴はお白湯では埋められない気がします。あとで先生に、そんな意識の低いことを申し上げたら、「食事の時間に一緒に食べれば、消化しやすいですよ」と優しく教えてくださいました。

今回のお話はストイックなことばかりではなく「嫌いなものはムリして食べなくていいです」という言葉には救われる気がしました。心身を作る子ども時代は食わず嫌いもあると思うので、好き嫌いせずいろいろ食べた方が良いそうですが、心身ができあがり知性がそなわった大人は、きらいなものを無理して食べると逆に消化不良になってしまうそうです。私は嫌いな食べ物がたくさんあるのですが、これからも体のために積極的に避けていきたいです。

他に先生がアーユルヴェーダ的におすすめしていた体に良い食品関係は、ギーという豊富な栄養素を含む油と、生のはちみつ、シナモン、レーズンなど。アイテムでは、毛並みに逆らって撫でると、たるみや気分がすっきりする絹の手袋が良いそうです。

など、充実した知識をたくさんインプットでき、有意義な日曜日を過ごすことができました。この話を聞いて以来、アルフォートは食べていません。今まで消化器のことなど考えず、煩悩にまみれてきたことを反省しています。

先生のおすすめの非加熱のはちみつや絹の手袋、シナモン。手袋は1000円くらいでも売られているそうです。

今回の数値

アンダーザライトヨガスクールが駅から近かったこともあり、惜しい感じで達成まで後一歩でした。

HIKARU先生に「睡眠は大切」と言われたことがサブリミナル意識にインプットされ、早めの時間からうとうとして、睡眠時間が長くなってしまいました。

アプリキャプチャ

睡眠時間

自分の睡眠時間を週単位、月単位でみたことがありますか?MISFITを使えば、毎日の入眠時間と起床時間、就寝中の浅い眠りと深い眠りはもちろん、もっと長い期間でトレンドをみることができます。最近疲れがとれない…等、実は睡眠に原因があるかも?

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

波動高い系美女のアーユルヴェーダセミナーへ

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

SHARE