MISFIT LIFE

HEALTH

レッスンvol.1
コントロールしない呼吸で、気持ち良く心身を整える。

いつの時代も健康と美容の基礎と言われる、呼吸。これまで、時代に合わせて、様々な呼吸法が流行ってきました。

ダイエット、アンチエイジングにも効くし、精神安定や安眠にも効く「呼吸」はもちろん 近年では、恋人ができるという「恋愛呼吸」も話題になっています。

そこで、MISFIT LIFE編集部では、呼吸の大家、米山章子先生にお話を伺い、実際にレッスンを受けてみることに。一般的にはまだ知られざる呼吸法ながら、簡単で絶大な効果がある"A-T-T呼吸法"をご紹介します。

PROFILE 米山章子

1978 年、夫である米山文明によって日本に紹介されたA-T-T呼吸法を学び始める。年に1度ドイツに渡り、提唱者のマリアに10年間、学び、A-T-T指導者の資格を得る。'01年、東京都渋谷に「呼吸と発声研究所」を開設。後進を育てる傍ら、声楽家、俳優、アナウンサーなど声に関わる人々を中心に、一般の呼吸や発声について学びたい人たちにも、門戸を開いている。これまで、携わった著書に、「声の呼吸法」(米山文明 著)など。

http://www.att-yoneyama.com

── 初めまして! 突然ですが、先生、すごくお若いですよね

米山ふふふ。今年で83歳になりました。

── 肌もツヤツヤだし、姿勢も伸びていて......。これも、A-T-T呼吸法のおかげですか?

米山そうですね。私の体はもちろん、心も、この呼吸法で変わりました。体力がついてずっと立ってレッスンしていても疲れないし、内臓がよく動くようになったおかげか、お肌の調子もいいし、夜は一度も目覚めずに熟睡できる。しかも、この歳になっても全然尿漏れもしないの。

── すごい! A-T-T呼吸法はもともとドイツ発祥なんですよね。

米山ええ。A-T-T呼吸法のもととなる呼吸法は、ベルリンのイルゼ・ミッテンドルフ教授のメソッドです。彼女は東洋の医学やワークを広く学んで、独自の呼吸法を編み出したんです。私が出会ったのは、約30年前。私の主人は耳鼻咽頭科の医師で、音声生理学の専門医でした。多くの患者さんを診察するなかで喉を痛めない発声法を探していて出会ったのが、この呼吸法。ミッテンドルフ教授の元で学んだマリア・ヘラー女史が作ったものです。
マリア女史はこの呼吸法をもとに発声に繋げました。それがA-T-T呼吸法です。

── それだけ奥深かったんですね。

米山そうね。良い呼吸は、神経回路を通って、心とからだを繋ぐことができるというのがこのメソッドの特徴です。そこにはとても惹かれたし、実際に学んで身につくほどに、体からだと心が変わっていったから。

── わ、もっと知りたいです!

米山では、まずは、何も考えず、こちらの呼吸を試してみてください。

米山いかがでしたか?

── とても気持ちよかったです。リラックスしながら軽く動いているだけなのに、自然に呼吸が深まって、体が熱くなってきました。

米山よかった。"自然に呼吸が深まる"というのは、この呼吸法の特徴なの。他の呼吸法は、体の一部の筋肉を動かしたりして、強制的にやるじゃない? それだと、力んで頑張ってしまいがち。でも、こちらは、体全体を動かすことによって、自然に呼気(吐く息)と吸気(吸う息)ができるんですよね。

── なるほど。動いているうちに、無意識に呼吸が深まる点は、ヨガに近い気がしました。

米山そうね。うちのレッスンにもヨガの先生は、たくさんいらしてます。ヨガももともとは呼吸とともにあるものですから。ただ最近のヨガは、エクササイズ目的で、どんどんアクロバティックになっているでしょう。大切なのは、呼吸をコントロールしないこと。それによって、心地よい感覚を得られるし、内面と繋がるんですよ。

── 内面と繋がる?

米山呼吸の効果って、からだをよくするのはもちろんだけど、一番には自己解放なんですよ。アイデンティティが確立されますから!

── 興味深い。次回、ぜひ、聞かせてください。

レッスンvol.2は、「呼吸を変えれば結婚できる?」の真実について! また、生活に取り入れられて、肩こりを解消するA-T-T呼吸法をお伝えします。

すべては呼吸から

人間が生きていく上で必要な呼吸も、酸素を取り入れるためだけでなく、さまざまな効果が期待できるようです。歩く、眠る、食べるなど普段無意識にしている毎日の行動も、改めて意識すると発見があるかも?

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

レッスンvol.1コントロールしない呼吸で、気持ち良く心身を整える。

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

Text/ yoshirei Photo/Shoichi Sato

SHARE