MISFIT LIFE

FASHION

RAYのアクセサリーコーデで、
オシャレを自由に遊ぶ、もっと楽しむ!

着こなしによって多彩な表情にシフト!
RAYアクセサリーは高感度カジュアルにフィット

about  PERSON

フリーランスPR 野尻 美穂さん

セレクトショップ「SHIPS」のPRを経て、今年の春からフリーランスとなった野尻さん。メンズライクなアイテムを取り入れつつも女っぽく仕上げたスタイルは「SHIPS」時代から評判が高く、フリーとなった今でも数々の女性誌で取り上げられるほど。現在はPRアドバイザーやスタイリストとしての仕事もこなすなど、ますます活躍の幅を広げています。そんな野尻さんの最新のスタイルは雑誌MOREの公式ブログ雑誌GINGERの公式ブログ、インスタグラム(@miho_cocoa)でチェック!


about  PERSON

style01 デートの日はカジュアルに
ひとさじのきちんと感を

デートの日も気張らないカジュアルが野尻さんの基本。「rokuのペイズリーワンピに古着のスウェットをレイヤード。メンズっぽい着こなしも、デートのときはかっちりしたバッグやヒールのパンプスなど、きちんと感のある小物を選んで、どこか上品なカジュアルに仕上げます。カーキのRAYはちょっぴりくすんだトーンなので、ターコイズのブレスレットやレザーバングルとなじみがいいのが魅力。今日のような秋らしいボルドーとも相性抜群です」

RAY:フォレストグリーン

style02 大事な打ち合わせでは
華やかなレースの力を借りて

仕事の打ち合わせは、ぴりっと真剣モード。そんなときはZARAのレーストップスで女性らしい雰囲気を意識。「センシュアルなレースはミリタリーパンツで、ほどよくクールダウンさせるのが私流。ブラックのRAYはブラウンの二重巻きレザーベルトに付け替えて、お仕事スタイルにふさわしいきれいめな表情にチェンジ。ヴィンテージショップで買ったティファニーの星モチーフのブレスや細めのバングルと重ね付けして、こなれ感のある手もとに」

RAY:カーボンブラック
RAY専用アクセサリー:二重巻きレザーバンド/ブラウン

style03 脱ぎ着しやすいレイヤードで
ブランドの展示会まわりへ

ブランドの新作が立ち上がるシーズンは展示会まわりに奔走する日も。「暖かい室内に入ると暑く感じることも多いため、体温調整ができる着こなしがマスト。オーラリーのシャツの下に古着のサーマルトップス、そこに77circaのリメイクデニムを合わせました。無地のトップスだと顔まわりがシンプルになりがちなので、ビームスで見つけたチョーカーとラリエットにしたブラックのRAYを重ねてコーディネート。大人っぽく印象的に見えるとまわりにも好評です」

RAY:カーボンブラック
RAY専用アクセサリー:ラリエットネックレス/シルバー

about Life

日々、特に運動らしい運動をしていないけれど、夜は炭水化物を抜くことをなるべく意識しているそう。「お酒はほとんど飲まないのですが、小腹が空くとついお菓子を食べちゃうんですよね。実はアイスを毎晩食べるのが日課です(笑)。だから1日に必要なカロリー消費量を提示してくれるMISFITは、そんな私に喝を入れてくれる存在。冬に向けて身体を引き締めるため、しばらく遠ざかっていた水泳を再開しようかなと考えています」

about Life

「お菓子の中でもチョコレートを溺愛していて、手もとにないと不安な気持ちに(笑)。パキッとした食感が好きなので、家では絶対に冷凍保存。『パイの実』は食べ過ぎ防止のため、小分けになったファミリーパックを常備しています」


about Life

MISFIT RAY専用アクセサリー ラリエットネックレス

胸元を華麗に演出する、繊細なデザインのラリエットネックレス。ネックレスチェーンをバネ棒でRAY本体にとりつけます。ラリエットネックレス、または通常の一連ネックレスとして、2通りのコーディネートが楽しめます。

製品情報を詳しく見る

MISFIT RAY専用アクセサリー 二重巻レザーバンド

これひとつで、高級感のある手元コーディネートがおしゃれにきまるダブルストラップ。レザーは落ち着いた風合いのプレーンタイプ。留め金のカラーはシルバー。

製品情報を詳しく見る

RAYで何通りものコーデを楽しむ

野尻美穂さんがシーンやスタイルに合わせて秋のコーディネートを楽しんだのは、RAYには専用アクセサリーが豊富にそろっているから。気分に合わせて気軽に付け替え可能です。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

RAYのアクセサリーコーデで、オシャレを自由に遊ぶ、もっと楽しむ!

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

PHOTOGRAPHS by 谷口大輔 (撮影協力:San Francisco Peaks

SHARE