MISFIT LIFE

HEALTH

ハードトレーニングはNO! ボディケアで動ける身体を取り戻す
ララクリニック体質改善プログラムPART02 #MISFITで健康ダイエット

"あなたのカラダが「痩せられる状態にあるのか」"

"「何が原因で太ってしまったのか」"

この2点を医学的見地から検査して状態を確認。その上で無理なく、着実に体重曲線を下向きにさせてくれるララクリニックの体質改善プログラム。いままでダイエットをしてはリバウンドを繰り返していた人にとっては、シューワッキーマッセリーな存在です。

前回レポートしたインナーダイエットドックからプログラムはスタート。その後、週2回ララクリニックのデイケア室で身体のバランスを取り戻すためのストレッチを受けつつ、その上で治療を受ける人に応じて作られた、無理のないダイエット・体質改善の目標を立てて、2ヶ月~でダイエットを目指すものです。
*モニターさんは平均体重-7.1kg/体脂肪-5.1%の成果が出ているそうです。

プログラムのポイントは以下の7つ。

  • 糖質の少ない食事でデトックス
  • 日々最低1万歩のウォーキングを目指す
  • 最低1ヶ月は続けて習慣化する
  • 動ける身体を取り戻す
  • 体型の変化に周囲の人が気がついてくれる
  • ポジティブな反応にやる気がでる
  • ライフスタイルになる

必ず○kgダイエットしろ!といった鬼軍曹的ダイエットとはメソッドが違う。身体の状態を変え、日常的に行える運動と低糖質な食事を習慣化する課程を重視しているダイエットメニューといえます。

第1~2週 代謝の悪い身体をリセットする

プログラムの1~2週(1~4回)は、ストレッチ、腹式呼吸、マシンストレッチが中心となります。筋肉量を増やすのではなく、あくまでストレッチというのがポイント。国際統合リハビリテーション協会の理学療法士さんがつきっきりで関節、筋を伸ばしていきます。

気持ちよさそうだなー、と思っていたのですが、いきなり「いてててて!」という田中の声が!

骨盤あたり、腸が入っている部分に深々と手が突き刺さってる!

医学的リハビリテーションの専門職たる理学療法士さんが施術してくれるから、ここまでやっても大丈夫(痛いけど)。個人ではやっちゃダメですよ!

第3~6週 活動量を増やすために基礎を作る

3~6週(5~12回)は、ストレッチ、エクササイズ、マシンストレッチに加え、肩甲骨や股関節といった大きな関節もストレッチして、身体全体が動くように馴染ませていきます。

考え方としては動的ストレッチのもの。関節の可動域をすこしずつ広げながら各部の筋肉をほぐすストレッチですね。

筋を伸ばしながら一定時間静止する静的ストレッチは近年、ケガのもとになるとも言われてきています。普段は身体を温めつつ身体の各部を伸ばす動的ストレッチを行ったほうがいいということですね。

なお日本の文化の1つ、ラジオ体操は清く正しく美しい動的ストレッチです。チャレンジしてみたい方はNHK総合もしくはEテレを見てみましょう。

ストレッチポールを使い、バランスをとりながらのボディケアも受けられますよ。

第7週~ 運動を習慣化させる

2ヶ月目の後半となる7週以降(13回~)は、日々のウォーキング量も増えてきているし、スタンダードなプログラムであればプチ断食も行い、デトックスを促進させた状態となっています。この段階では身体の筋を伸ばすだけではなく、楽しさを感じるエクササイズメニューも取り入れていきます。

ララクリニックにはトレーニングマシンではなく、ストレッチマシンが導入されています。引っ張るのではなく、押す、戻すところにポイントがあります。しかも、大きく、ぐーっと押すのではなく、小刻みに少しずつ押すのです。これもまた動的ストレッチの概念からきたもの。身体の可動部をすこしずつ広げつつ、筋を馴染ませつつ、暖めていくものなのですから。

この写真はプログラムを開始してからすぐの頃に撮影したものなので、田中は苦痛の表情を浮かべていますが...。この写真。覚えておいてください。次回、ストレッチマシンを使いこなした彼のドヤ顔を公開するので、その写真と見比べてみてください!

まだまだプログラムは続きます

食事やウォーキングのほかにも、日々のプログラムは決められています。とはいっても前述したように、日常の負担になるものではありません。

  • 漢方薬、サプリの服用
  • 朝 尿(ケトン体)検査、体重・体脂肪測定、食事の内容をララクリニックスタッフに報告(SNSを利用)
  • 昼 食事の内容をララクリニックスタッフに報告
  • 夜 体重・体脂肪測定、食事の内容をララクリニックスタッフに報告

また寝起きの体調が変わったときも報告します。

するとスタッフが報告の内容に応じて応援してくれるんです! 誰か見てくれている人がいる。応援してくれる人がいるから、飽きっぽい人でも続けられますよ!

こんな感じで、MISFITでトラッキングした活動量や睡眠時間と質、そして日々の食生活を毎日報告します。

...そうこうして、2ヶ月のプログラムを無事に終えた田中ですが、どんな結果となったでしょうか。次回、大発表です!

ララクリニック体質改善プログラムPART03を読む

医療法人社団友志会 ララクリニック

体の中から健康で心身ともに活力あふれる生活へ整える専門クリニックです。院内では、快活なカラダへサポートをするデイケア室をも完備した「内科」、お肌の美しさをサポートする「美容皮膚科」の専門治療を通し、体の中から見た目の美しさまで、真の健康に寄り添っています。

あわせて読みたい!

ムリなく続けるMISFITを使ったゆるダイエット PART01

MISFITアプリを使ってゆっくりと体重を落としつつマイペースで長ーく続けられる"ゆるダイエット"を実践してみましょう!

運動を習慣化させるには意識すること

MISFITをつけて生活すると、自分に嘘がつけなくなります。夜寝る前にアプリと同期すれば、一日の活動量がポイントで表示されます。ちょっと少ないなと感じたら、明日はがんばりましょう!

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

ハードトレーニングはNO! ボディケアで動ける身体を取り戻すララクリニック体質改善プログラムPART02 #MISFITで健康ダイエット

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

SHARE