MISFIT LIFE

HEALTH

ムリなく続けるMISFITを使ったゆるダイエット PART02
#MISFITで健康ダイエット

いきなり絶食チャレンジ、というハイエンドで難易度大な方法ではなく、マイペースで体重ダウンをめざしていくゆるダイエットを推したいMISFIT LIFEです。

身体にもココロにも負担をかけないようにするのが一番大事。体重による階級が決まっているスポーツの選手であれば、ダイエット(体重調整)も挑むべき試練の道となりますが、私たち一般ピープルがチャレンジするのは低ストレスなダイエットであるべき。日常の生活に、スッと馴染ませられるダイエットでなくては長続きしないのですから。

ということで本題です。MISFIT LIFE式ゆるダイエットのポイントは次のとおりです。

  1. 自分の活動量を「知る」(1週間)
  2. 生活の中で「意識する」(1週間)
  3. 少しずつ「変える」(2ヶ月)

自分の活動量を「知る」(1週間)

まずはMISFITを使って自分の活動量を見える化してみましょう。具体的には以下のようなスケジュールで一日のゆるダイエットを行います。

食事時 糖質(炭水化物や砂糖)を摂取したときは忘れずにMISFITアプリで撮影
通勤時 特に気にしない
就労中 特に気にしない
運動中 アクティビティの内容を登録
帰宅後 MISFITとMISFITアプリを同期させて活動量を確認する
就寝前 体重を計ってMISFITアプリに登録

サイズが小さく、バッテリーの持ちもよく充電のために外す必要がないMISFITは、24時間つけっぱなしでも大丈夫。だから基本的には放置状態にしておき、帰宅後に活動量を確認するためにMISFIアプリをインストールしたスマートフォンと同期させるだけでも大丈夫です。

しかしMISFITアプリはアクティビティの内容&時間、睡眠時間、体重、食事の写真記録、カメラを使った心拍計記録などの機能もあります。これらの機能を使って、起きたらまず体重を計測してMISFITアプリに登録。各食事時も糖質が多い料理を食べなければならないときは写真を記録していきましょう。

こうして最初の1週間を過ごします。すると1週間の活動量の平均や、食事の内容、寝る前と起きたときの体重の変化が見えてきます。

生活の中で「意識する」(1週間)

最初の1週間で、MISFITによる自分の生活スタイルが見えてくるようになりました。では、次の1週間ではゆるダイエットのことを少しずつ意識していきます。

MISFITアプリは日々の活動量の目標値(活動量ゴール)を設定できます。平均で700ポイント(例:1時間歩く、20分走る、30分泳ぐのいずれかで達成)、MISFITとしてのオススメは1000ポイント(例:1.5時間歩く、30分走る、45分泳ぐのいずれかで達成)となっています。

この目標値を下回らないように運動していきましょう。もし活動量が足りないと思ったときは、いつも寄るコンビニやスーパーよりも、遠いところの店舗を使うようにしましょう。

次に糖質の摂取について意識します。撮影した写真を見て1週間のうちにどれだけの食事をしているのかを再確認します。もしかしてカレーやピザなど、ファーストフードの中でも重量級の写真が並んでいたりしませんか...? トッピングなしのカレーでも実は糖質が多いんですよ。ごはんだけではなく、カレールーも小麦粉でとろみをつけていますから...。

本当にこれだけの糖質を摂取していいのか。ここはちょっと悩むようにしましょう。

寝る前の体重と起きたときの体重の変化もチェックします。もし体重の変化が少ないのであれば、それは基礎代謝が少なく痩せにくい身体になっていることを意味します。

少しずつ「変える」(2ヶ月)

自分の身体のことを「知る」。そして自分の現況を「意識する」。この2週間を終えたら、さあ、本格的なゆるダイエットの開始です。少しずつ、自分の身体と意識を「変える」ターンです。

まずはMISFITアプリの活動量の目標値を+100ポイントしてみましょう。700ポイントだったら800ポイント、1000ポイントだったら1100ポイントというように、です。

ジムトレーニングなどをしていないのであれば、1つ前の駅で降りて家まで歩く、3つあるスーパー全部まわって安いところで買う、といった、プラスアルファのウォーキングを週に1~2回ほど追加することで、達成できるでしょう。最初のうちは、毎日+100ポイントの活動量を目指さなくでもいいとしましょう。1週間の平均で+100×7=+700ポイントとなればOK。そして、身体が慣れてきたら、毎日+100ポイントとなるような生活に変えていきます。

食事も変えていきます。具体的には午後に糖質を摂るのをやめましょう。日中、どうしても外食しなければならないならサラダだけ食べるというのも手です。腹持ちが悪いから空腹がガマンできないという場合は、焼いた&蒸した肉類を食べてタンパク質のみをトッピングしましょう。飲み物は水か無糖のお茶。栄養成分表示を見て、「糖類」「炭水化物」が低いものを選びましょうね。なお麦茶などは100mlあたり0.2~0.7gの糖質がありますが、これくらいならOKです。

もしも、糖質を摂ってしまったら。歩きましょう。普段だったら電車で2~3駅のところで降りて、小一時間散歩しながら帰りましょう。

あとは痩せやすい身体になるように、と願いつつ、まめにストレッチと深呼吸をして身体をリセットします。MISFIT RAYとSHINE 2には、ある一定の時間動かないでいると震動して、運動していないことを知らせてくれるMISFIT MOVE機能が搭載されています。この機能をON・アラートの間隔を1時間にしておいて、1時間ごとにストレッチしたり、別のフロアのトイレを使わせてもらうなどして、"身体を動かす"という意識を植え付けていきます。

※ 本内容は、より活動的な生活を送るためのおすすめの方法の一つであり、体重減少や医療的見地からの健康状態の改善を保証するものではありません。

あわせて読みたい!

MISFITアプリはMISFITがなくても無料で使えます

MISFITをすでにお持ちの方もそうでない方も、日々の活動や睡眠の管理にMISFITアプリを使ってみましょう!

あなたの24時間をMISFITアプリで一元管理

MISFITアプリでは、何気なく歩いているステップ数はもちろん、スイミングやランニング等のスポーツの記録、食事の写真をログとして残したり、睡眠時間と質も記録し振り返ることができます。自分の行動を意識しはじめると、生活に(体重にも?)変化がおきるかもしれません。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

ムリなく続けるMISFITを使ったゆるダイエット PART02#MISFITで健康ダイエット

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

SHARE