MISFIT LIFE

HEALTH

ムリなく続けるMISFITを使ったゆるダイエット PART01
#MISFITで健康ダイエット

身体の健康のためにも、脳が感じているストレスを低減するためにも、バランスのいい身体作りは大事です。でも連日のファーストフード・コンビニフードによる食事や、スイーツ散策によって、体重が上昇トレンドラインを描いちゃっている方もいるのでは。

さあ、やってまいりました。貴方にとってのダイエットシーズンです。

とはいっても、「強烈なダイエットメニューで、若かりし頃の体型を取り戻そう!」と考えてはいけません。「1ヶ月で10kgやせた!」といったハイスコアを示すキャッチコピーのダイエット方法がありますが、こういう書き方をしているタイプは汎用性に乏しく、実践できる人が限られます。また短期間で大幅に体重を低減させる方法は身体へのダメージが大きく、リバウンドしやすい身体を作ってしまうというデメリットもあります。

だからMISFIT LIFEとしては、ゆっくりと体重を落としつつマイペースで長ーく続けられる"ゆるダイエット"を提唱しますよ! まずは抑えるべき3つのポイントから学びましょう。

  • 減量は1ヶ月に体重の5%まで
  • 厳密に考えないようにする
  • 活動量計を使ってモチベーションを管理

減量は1ヶ月に体重の5%まで

今までにも様々なダイエット方法が開発されてきました。最近は、身体に負担をかけないように減量していくという考え方が浸透しつつあります。

1ヶ月で減量していいのは体重の5%まで。ダイエット方法を問うものではなく、ダイエットの結果を重視するというものです。

現在の体重 1ヶ月後の目標体重
50kg 47.5kg(-2.5kg)
60kg 57kg(-3kg)
70kg 66.5kg(-3.5kg)
80kg 76kg(-4kg)

最終的な目標体重が60kgから50kgに落とすのだとしたら、

1か月め 60kg→57kg(-3kg)
2か月め 57kg→54.1kg(約-2.8kg)
3か月め 54.2kg→51.5kg(約-2.7kg)
4か月め 51.5kg→50.0kg(約-1.5kg)

と、4ヶ月という期間で落とすようにしていきます。ゆっくりすぎですか? いいえ、ゆるダイエットはゆるく、そしてゆっくりなのがポイントなのです。

厳密に考えないようにする

1日2万歩のウォーキングに、炭水化物レスの食事などなど、"こうするべき"というダイエット方法が大半ですが、これらのルールを鵜呑みにしない、絶対に守ると思わないことが重要です。

ウォーキングにしてもただ歩くより、ある程度高い心拍数が維持できるように歩いたほうが、短時間・少ない歩数で高い効果を得られます。歩数が大事、ではないのです。だからといって競歩するかのように歩くとなると、ランニング時のようにウェアやシューズも用意しないとなりません。

食事の場合は忙しくて外食が中心となると、ローカーボなメニューを取りそろえている店にいくまでに時間がかかってしまうという罠に陥りがち。飲み会でも、1人だけサラダだけ食べ続けなくちゃいけないといった姿勢を周囲に見せてしまうと、誘われなくなってしまうんですよね。

必ず出席しなければならない会合があっても、あらかじめ「今日一日だけは」を容認するスタイルなので問題なし!

つまるところ、ダイエットを行うのにストレスと感じる要素を減らすことが重要なのです。「だいたいこれくらい」という感覚で続け、日々の体重計の数値に応じてダイエットのコースをチューニングしていけばいいのです。

活動量計を使ってモチベーションを管理

左:MISFIT RAY・右:MISFIT SHINE2

さまざまなセンサーが入っている活動量計は、日々の活動量を計測してくれるデバイスです。ウォーキング時は歩数から活動量と消費カロリーをスマートフォンで確認できます。

これから購入されるというなら、シンプルで使いやすい腕時計型のMISFIT SHINE2(右)とバングル型のMISFIT RAY(左)はいかがでしょうか。ウォーキングをはじめ、さまざまなスポーツの活動量も記録してくれますし、睡眠時の長さや深さ(睡眠の質)も計ることができます。

「○時から○時まではダイエットメニューを消化する!」とは決められない、日々の仕事の長さがバラバラな忙しい人ほど、このMISFITを使って活動量をロギングしていきましょう。休憩時や寝る前などにスマートフォンで活動量をチェックしてみると、「今日は外回りの日だったからたくさん歩いているなあ!」や「デスクワークだったのにしっかり運動できてる。もしかして終業後のデパート巡りが効いた?」といった感想を抱くでしょう。

この"知らず知らずのうちに運動していることに気がつく"という活動量計の性質が、「厳密に考えないようにする」ダイエットのサポーターとして役立ってくれるのです。

※ 本内容は、より活動的な生活を送るためのおすすめの方法の一つであり、体重減少や医療的見地からの健康状態の改善を保証するものではありません。

あわせて読みたい!

ムリなく続けるMISFITを使ったゆるダイエット PART02

マイペースで体重ダウンをめざしていくゆるダイエットのポイントを押さえたら、次は実践編です!

身に着けるだけの手軽さ

MISFIT製品は好きなところに装着するだけで、日中の活動量と睡眠時間・質を自動的にトラッキングしてくれます。「ポイント」というシンプルでわかりやすい数値で、毎日の自分の活動量を知るところから始めましょう。ストイックになりすぎて三日坊主になるより、つけっぱなしの活動量計MISFITと共にゆるーく、ながーく続けるのがポイント!

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

ムリなく続けるMISFITを使ったゆるダイエット PART01#MISFITで健康ダイエット

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

SHARE