MISFIT LIFE

INTERVIEW

満島みなみの飾らない毎日
「ぶれない普通」を生きているから、美しい

数多の雑誌や広告をはじめ、今年は西武鉄道のCMにも出演。モデルとして、ますます注目を集める、満島みなみさん。圧倒的な透明感とノーブルな美しさをもつ一方、沖縄育ちならではの大らかな野性味も感じさせます。

彼女がこれまで歩んできた人生について、健やかなライフスタイルについて聞きました。

PROFILE 満島みなみ(みつしま みなみ)

沖縄県に生まれ育ち、大学進学をきっかけに上京。「バスケ一筋」の生活を送っていたものの、カタログ撮影を手伝ったのをきっかけにモデルの仕事をスタート。数々の雑誌や広告などで活躍する人気モデルに。この春は、又吉直樹氏と共演した西武鉄道のCMが話題を呼んだ。

東京は空が狭いけれど、大好きな家族がいるから

── 撮影の休憩時間に、ふと空を見上げて「東京は空が狭いなぁ」ってつぶやいていたのが印象的でした(笑)

満島沖縄と比べちゃうとどうしてもですよね(笑)。私は、空が狭いのと人が多いのが苦手なんです。でも、ここには仕事がある。自分を成長させてくれる刺激とか学びがたくさんある。

── モデルの仕事は3年目ですよね。はじめたきっかけは?

満島知り合いの関係で撮影のお手伝いをしていたら、スタイリストの方にお声がけいただいて、洋服のカタログに出たのがきっかけです。それまでは、教師を目指していたんです。両親が教師だった影響もあって、教員免許も取ったんですけど。教師はいつかやれるけど、モデルは今しかできないかなと思って始めました。

── 偶然の縁ですね。

満島予測もしなかったです。大学も体育系で、ずっとバスケットボールに夢中だったし......。性格も、すごく恥ずかしがりやの人見知りだったから。最初は興味本位で始めて、次第に面白いなと。撮影は、毎回、メンバーも場所も変わる。出会う大人の方々も面白いし、一緒に何か作れたりするのが楽しくて。今もモデルとして意識が高いわけじゃない......というか、「私を見て!」みたいな気持ちは全然ないけど(笑)、表現することはすごく楽しいです。

自然体の自分を選んでもらえたら嬉しい

── 今、すごい勢いと人気ですよね。

満島自分では思わないです(笑)。いつも忙しいわけじゃないし。でも、それくらいのスタンスが私は好きだし、合ってるのかなと。モデルを始めた当初は、周囲の子がみんな頑張っていて、競争の激しい世界だから、私ももっと頑張らなきゃと思っていたけど。今は、自分のペースで自然にモデルというお仕事と向き合えるようになりました。選ばれるために、自分を変えようとしても顔も性格も根っこは変わらないから(笑)。自然体の自分で選んでもらえたら嬉しいなと。

── 興味深いですね。

満島「仕事には人脈も大切」って聞くけど、広く浅くよりも深く狭くの人間関係の方が心地いい。現場でいろんな刺激を受けるのは楽しいけれど、プライベートでは、やっぱり、家族と過ごすのが好きですから。

── 家族仲が良いんですね。

満島はい。仲良しです。よくまわりの人たちから仲がいいねと言われるので。

美容を気にしすぎるより、睡眠やぼーっとする時間が大切

── お話ししていて、みなみさんはおおらかだけど、ぶれない軸を持っているのを感じます。それは沖縄で育ったことも大きいのかな?

満島そう思います。沖縄にいると悩まずにいられるというか、小さくて優しい悩みしかなくなるんですよ。誰とも競わないし、焦らずに自分のペースで生きられるから。だから、東京の人も、苦しかったら沖縄に来てみたらいいと思う(笑)。

── 今、東京ではどんな生活をしていますか? 沖縄とはペースも異なるだろうけど......。

満島それでも、できるだけマイペースに(笑)。ずっとスポーツしていたせいか、夜は眠くて夜更かしできないんです。11時くらいには寝て、朝は目覚ましがなくても7時に起きちゃう。仕事のスタートが遅くても早起きしますね。朝は特に慌ただしく過ごししたくない、ぼーっとする時間も欲しいから。

── 食事とは運動は?

満島体動かすのは好きだけど、最近は、ストレッチしたり歩いたり、たまに近所の体育館にバスケしに行ったりするくらい(笑)。食べ物もさほど気をつけてないです。添加物はもともと苦手だし、おにぎりは人が握ったのが好きですけど。

── それくらい?

満島モデルを始めた頃は、食も美容も気をつけなきゃと思ってたけど、考えすぎたほうが太ったり、肌荒れしたりしたんですよ(笑)。ルーティンでやることを決めると、縛られて苦しくなるから。知り合いから聞いた「体の声に正直になりなさい」を私も守りたいなと。

普通をちゃんと生きて、美しく写りたい

── 最近は、テレビCMにも出演しているし、これから、どんどん活動が広がっていきそうですよね。

満島でも私、モデル一筋でいくつもりです。テレビのCMは熱心にお声がけいただいて挑戦しましたけど、基本的には演じる仕事は自分には向いてないな、と思います。

── そうですか?

満島自分では、そう思います。それに、何よりモデルの仕事が好きですから。

── どんなモデルでありたい?

満島私は、飾らずに自分のままでいたいですよね。それは人としてはもちろん、モデルとしてもそう。自分のペースできちんと人生の経験を積んでいって、飾らないのに美しく写れる人になりたいなと思います。

── "自分の人生を生きて、美しく写れる"って、とても素敵です。これからも、ますます楽しみにしています。

満島はい。続けられる限り、モデルの仕事を続けたいなと思います。

満島みなみさんがつけているRAYとは?

身体のどこかに着けるだけで、自動で歩数や睡眠を記録します。ストイックな健康管理は苦手だけど、毎日の活動量と睡眠が気になる人におすすめなスマートウェアラブル。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

満島みなみの飾らない毎日「ぶれない普通」を生きているから、美しい

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

PHOTOGRAPHS by 若木信吾

SHARE