MISFIT LIFE

HEALTH

斬って斬って斬りまくる!
無駄な脂肪を成敗する新感覚メソッド、刀エクササイズ!

無駄な脂肪はとりたいけど、ランニングやジムのトレーニングは大変で長続きしない...。

そんな女性にご紹介したいのが「刀エクササイズ」です。刀エクササイズオリジナルエクササイズ刀は、全身を使わないと斬る形が決まりません。30分もすれば、気になる二の腕やウエスト周り、太ももなどにビシビシ刺激が。

しかも、刀を振り回すなんて滅多にできないこと。憧れの幕末剣士になりきって、楽しくエクササイズできるんです!今回は、新撰組の沖田総司をこよなく愛す、声優の高瀬朝季さんが体験してきました。

キャプ・MISFITポイント374からスタートです!

刀エクササイズと聞いて、幕末好きの私の血が騒がないわけがありません。刀といえば忘れもしない高校1年の夏、お小遣いをためて決行した京都新選組史跡巡りツアーのお土産に、八ツ橋でもあぶら取り紙でもなく模造刀を買っちゃうほど刀に憧れ続けています。そんな刀を使って身体を引き締められるなんて、こんなに良い話があるでしょうか。

愛読書である新選組を題材にした小説「燃えよ剣」にも度々斬り合いの描写が出てきますが、戦いの描写は想像でしか補完できていませんでした。刀を扱う身体の動きとはどんな感覚なのか。その答えも体感しに、行って来ました刀エクササイズ!


刀に、リアル心臓ドキドキ

広々明るいスタジオでまず迎えてくださったのは、孝藤右近(たかふじうこん)先生。剣客然とした佇まいからは凛としたオーラが漂っています。そして、明るい笑顔の寺西小百合先生。今日はこのお二人がご指導くださいます。お二人の着ている、袴とズボンを合体させたような独特のお衣装も和の雰囲気たっぷりです。

使用する刀は、どれも女性が持ちやすいよう工夫された手作りのもので、重さはスマホと同じくらいだとか。紙や竹を素材とした刀なので、うっかり人を刺してしまいそうな不器用な私でも安心安全(笑)。軽く短めなのに、デザインは小刀そのもの。握るとテンションが上がり、いっぱしの剣豪にでもなった気分です。

まずは刀を使った礼からスタート。刀を捧げるように頭上に上げ、気持ちを静かに一礼。気が引き締まる瞬間です。まずは基本の『正眼の構え』から刀を振り下ろす『真っ向斬り』。鏡の中の自分を、肩からスッパリ斬るイメージで、中心をブレさせないよう振り下ろします。おお!それっぽい!そしてこの動きがまさにウエストを細くするのに効果的だそう。

そのほか、背中の肉を成敗する『袈裟切り』、内太ももの引き締めに効く『兜斬り』など何種類にも及ぶ基本の型を練習していきます。身体で覚えるようスピードを変えて何度も行うので、15分も進むと汗がほとばしること川の如し。各動作ごとに右近先生が「これはウエストをしっかりひねって行いましょう」など、意識すべき身体の部位を教えてくれます。意識して使うと身体にしっかり効いているのがわかります。この段階ですでに私の心臓の心拍数は、刀への憧れドキドキよりも運動による鼓動ドキドキが凌駕してきています。

キャプ・右近先生の構えはなんて美しいのでしょう!

レッスンが進むにつれ息も切れ、身体の軸がブレること山の如し。まるでハエたたきを振り回しているのかと思われそうな位うまく腕に力が入りません。後ほどわかったのですが、刀は力まかせに扱ってもうまくいきません。身体全体を使い、余計な力を抜く方がきちんとした型で動けるそうです。そんな風に己と戦っていると先生が、「今ここに敵がいます!さぁ、突いて!はい、今度はこっちに敵!斬ってー!」と敵デモンストレーションを開始。相手がいると自分の動作の意味がわかりやすく、何より楽しい!うまく斬れると先生が「うわ~~」と、やられたアクションをとってくださるのでなんだか爽快。身体の疲れも吹き飛びます。

キャプ・もう、腕も足も上がりませんって!!

準備運動の仕上げとして、「蹲踞で刀を振り下ろす動作を行います」とのこと。蹲踞は(そんきょ)と読みます。つま先立ちで屈んだ姿勢と言いますか、とにかくバランスが難しいポジションです。しかもこの状態で進みながら刀を振り下ろしていくとのこと。「1、2、さーん、あわわ!4・・・・5おおお!?」という、バランスを崩しながらの私のふにゃふにゃな掛け声とともに、なんとか全ての行程をやり終えました。いやしかし、まだ準備運動だったはず...。察した先生の「少し休憩してください」の声に救われます。


刀を使う真の意味

自分が体験してみて、改めて先生達のすごさがわかりました。余計な力が入っていないのにスッと伸びた背筋がどんな動作の時も変わりません。どこから敵が来ようと万全の態勢で斬り返せそうな余裕が感じられ、どの動きも大変美しいのです。そもそも息が切れていない。そんな右近先生は創作日本舞踊流派の二代目だそう。なるほど納得、幼き頃から身に着いた美しい所作や雅やかさがにじみ出ていらっしゃいます。もともと刀エクササイズ教室の生徒だったという寺西先生は、なんと御年56歳!溌剌とした立ち回りの様子から、40代かなと思っていたので驚きました。それでこのキレッキレの動きを息も乱さずやられているとは...。「師匠と呼ばせてください」という言葉が喉まで出かかりました。

刀エクササイズは他のエクササイズと違い「華麗さ、美しさ」に重点を置いているという事が印象的でした。見た目だけではない、刀を扱うという「命のやりとり」を前提とした洗練された身体の動きの美しさ。それが多くの人を引き付けているようです。

休憩の後は、今までやってきた基本の動きを組み合わせた『技』を行います。まずは「柳返し」。斜め前から襲ってくる敵を刀で受け流したところをズバッ!とやる技です。柳のようにさらりと受け流すイメージですね。何度かやっていくうちに技の目的もつかめ、動きにも無駄がなくなってきました。その後「足払い胴切り」や「山」などの技の伝授を行ってもらい、いよいよ次は全てを組み合わせた殺陣に挑戦です。

殺陣、もしくは立ち回り・・・時代劇でよく見る、主役が大勢を相手にバッサバッサとやっていくあれです。手順を教えてもらい、何度が練習した後いよいよ本番。迫真の演技の敵役(先生達)を相手に奮闘する私の姿はぜひ動画でどうぞ!

MOVIE その1

動画、実はテイク2です(笑)。いかがでしょう?ほんの1時間程で、ここまで楽しめる位にご指導頂けました。カットがかかった瞬間には、先生やその場にいた全員で「やったー!」と笑顔はじけました。なんだか、実際に戦いを生き抜いたような達成感があります。愉快かつ爽快な瞬間でした。


誰もがあの頃の自分に

レッスン後、少しお話しをうかがうことに。「安全に楽しみながら、という事が第一。自分は創作日本舞踊流派の人間として小さい頃から刀といった日本の伝統のものが身近にあったけれど、どうやったら多くの人にもっと気軽に触れてもらえるか、と試行錯誤しているうちに生まれたのが刀エクササイズ」と右近先生。

男性向けに開始した刀エクササイズですが、始まって早々に女性からの参加希望が増え、今では女性専門になったそう。女性だけで思いっきり殺陣を楽しむ場所はなかなかないのでこの人気も頷けます。身体も心も、自分を解放するのに抜群の機会。寺西先生もそんな1人で「ここでは年齢を越え、参加者全員が女子高生!」と笑顔できっぱり。なんて素敵な場所でしょう。

女子高時代、夢中で読んでいた新選組の本のことや心ときめかせ巡った史跡のこと、そんな風に地味ながらも人知れずキラキラした日々を送っていた当時の自分をふと思い出し、なんだか心がキュッと懐かしくも微笑ましくなりました。女子高生に戻ってキラキラと輝きたい貴女、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。

キャプ・最後に、右近先生の凛々しさにあやかりキリッと一枚。

MISFITポイントは開始前374。レッスン終了後はなんと650に!

短時間でこれだけのポイントとは!!!一体どれだけの人と脂肪を斬ったのでしょう。

刀エクササイズ体験レッスンのお申し込みはこちら

体験レッスンは毎月開催。体験レッスン料は、1回70分/3,500円。
http://www.katana-diet.com/

毎日をもっとアクティブに

1日のステップ数、距離、消費カロリーが可視化されると、自身の運動量のふりかえりになります。新感覚エクササイズにトライしてポイントを稼いだら、ぐっすりとした睡眠をMISFITでトラッキング。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

斬って斬って斬りまくる!無駄な脂肪を成敗する新感覚メソッド、刀エクササイズ!

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

SHARE