MISFIT LIFE

FASHION

2016 新しい春は、手元コーデからはじまる─ 中村仁さん ─

日本でいちばん早くMISFITを使い始めたのは僕だと思う
どんなブレスレットやファッションとも自然となじみます

(株)トレタ 代表取締役

中村仁さん

中村仁さん about  PERSON

about  PERSON

(株)「トレタ」代表取締役。大学卒業後にパナソニック入社。広告代理店を経て、2000年から飲食店を経営。「食文化を豊かにできるような仕事をしたい」という長年の思いが高じて、2013年に飲食店向けの予約管理ツールを運営する会社「トレタ」を設立。業界でも話題の敏腕経営者ながら、ファッショニスタ。経営者=スーツのイメージながら、中村さんは、仕事中も着こなしはラフな感じが多いそう。一方、シャツはオーダーメイドというこわだりも。中村さんのファッションと日常は、こちらのブログでものぞき見ることができます。
http://toreta.blog.jp/archives/cat_696934.html

中村仁さん about FASHION

about  FASHION about  FASHION

「日本で最も早く使い始めたのは僕かもしれない」と笑う中村さんは、なんとMISFIT愛用歴2年以上。
「SHINEを経て、最近ではブレスレット感覚で付けられるRAYを日本発売前に、アメリカのサイトから購入して使っていました。シルバーのバングルとヨットのロープを使ったブレスレットは毎日身につけているのですが、これらに重ねても自然になじむんです。ガジェット感をあまり感じさせないのがいいですよね。ブラックとローズゴールドの色合わせも上品で気に入っています」

中村仁さん about  LIFE

about  LIFE

もともとは別の活動量計を使っていたところ、MISFITと出合って、その魅力にすっかり心を奪われたそう。
「まず見た目がとてもスマート。あとは電池式なので付けっぱなしでOKというのがいい。前に使っていたものは、もっとガジェットっぽいルックスだったし、何より充電が必要なタイプだったためMISFITはすごく画期的に感じました。うちの会社でも使っている人間がいるのですがSNS機能があることで彼らの活動量が確認できるので励みになります」

I am MISFIT

「仕事をしている日の下着はいつも赤! 気持ちをぐっと高めてくれるパワーのある赤を身につけて、自分に負けないように、弱気にならないように気合いを注入しています」

中村仁さんがつけているRAYとは?

どんなブレスレットやファッションにも自然になじむスマートウェアラブル。本体は航空機に使用される物と同グレードのアルミニウム製。バンドはスポーツタイプとレザータイプの2種類から選べます。

RAY(レイ)

RAY(レイ)活動量 + 睡眠モニター

MISFIT販売店情報を見る

2016 新しい春は、手元コーデからはじまる─ 中村仁さん ─

この記事が面白かったら@misfitjpをフォローして最新情報をチェック!

PHOTOGRAPHS by 谷口大輔

SHARE